座っている男性

ホストの仕事とお酒のマナー

ホストの仕事では、テーブルマナーが重要となります。飲食店での仕事ですから、当然ではあります。まず、お酒の作り方が最初の基本となるでしょう。お酒の作り方には順番があるようです。新人のホストであると、お酒を作る順番は一番最後になるそうです。お客さんの女性が来店してからの、最初に飲むお酒の一杯が特に重要になるようです。この場合は、素早くお酒を作って出さなければなりません。また、ホストは自分でもお酒を飲みます。お酒が飲めないホストもいるかもしれませんが、ホストは自分でもお酒を飲むのが普通です。そして、ホストが自分のお酒を飲む時には、お客さんに飲んで良いのかを、必ず確認します。またお酒の作り方のルールというものが存在します。お酒を作るグラスを自分の前に持ってきて、グラスの上の部分は触りません。そして、グラスを持つ時は両手で持ちます。ウイスキーの水割りを作る時は、混ぜる作業が必要になりますが、その時は音をたてないように混ぜます。その後、お酒をお客さんに渡す時は、コースターの位置をしっかり確認しておきます。コースターが逆の方向になっていないかを、注意しておくのです。お酒をお客さんに渡したあとは乾杯になります、最初のお酒の時は、必ず乾杯をします。